酒さの原因

"酒さの原因は実に様々で、カフェインの摂取や喫煙、脂分やチョコレート、ストレスなんかも大きく関わっているそうです。
そこで今回は、日頃から行っておきたい酒さの予防について紹介していきます。

 

◆コーヒーやお酒などの嗜好品はほどほどにする
実は、コーヒーなどのカフェインが含まれた飲料と飲むと酒さが悪化するとは言われているものの、その関係性については未だ解明されていません。
諸説ではカフェインの刺激が酒さを悪化させていると言われています。
しかし、カフェインを摂取することで悪化する事実には変わりないため、飲むのは控えましょう。

 

またお酒などのアルコール飲料は腸内の悪玉菌増殖させる原因となります。
悪玉菌が増殖すると身体中に栄養が供給されづらくなり、酒さの治療が非常に難しくなります。

 

ただし、お酒が好きな方からすれば禁酒をするのはストレスになるので、一週間のアルコール摂取量を守った上で飲みましょう。

 

◆偏った食事をしない
気付いたら野菜を食べずにどんどんお肉を食べてしまっているという方が多いのではないでしょうか。
実はお肉は腸内で悪玉菌のエサになり増殖させてしまいます。
もちろん、まったく食べないというのも良くないので野菜や海藻類を食べながらお肉も食べていきましょう。

 

ちなみに納豆やワカメなどの含まれる水溶性食物繊維は腸内環境の改善に役立ってくれます。
積極的に摂ることで酒さ予防に繋がるでしょう。

 

◆適度な運動をする
適度な運動とは大体1日に20分程度のウォーキングです。
しかし、いつもよりも早起きしてウォーキングをしたり帰宅後にウォーキングをするなど、ウォーキングが日常とは違った特別なものになると続かない可能性があるので注意しましょう。

 

そこでオススメしたいのが運動の「仕組み化」です。
つまり適度な運動を日常の中に取り入れていきましょうというもの。

 

例えばいつもの通勤・通学経路をちょっと変更して歩く時間を増やしたり、近くのスーパーやコンビニへは必ず歩いていくなど日常の中に取り込むことで無理なく適度な運動を続けることができるのです。

 

◆まとめ
いかがでしょうか?今回は酒さを未然に防ぐために気を付けたいことを紹介しました。
どんな病気も予防が非常に大切であるように酒さに関しても例外ではありません。
なので、日頃のケアがやはり何よりも重要なのです。

 

皆さんもここで紹介したことを参考に、酒さで悩まされている方は改善にむかいましょう。
"